浅草ほおずき市の開催時間は?ほおずきの値段は?風鈴付きの理由は?

公開日: 

a3f914a2fa179703f5f2fc941184f958_s

浅草の浅草寺では毎年ほおずき市が開催されます。

2日間で60万人もの人が、ほおずきを買いに集まってくるんですよ~!

浅草寺では正月に次ぐ人気の行事なんです。

今年はほおずき市に行ってみようかな?と言う人のお役に立てれば嬉しいです☆

スポンサードリンク

浅草ほおずき市の開催時間

ほおずき市は 毎年7月9・10日 に開催されます。

・開催場所 浅草浅草寺

・開催時間 8時~21時頃

・最寄り駅 東武伊勢崎線
      東京メトロ銀座線
      都営地下鉄浅草線

      の浅草駅より徒歩5分です。

7月10日は功徳日と呼ばれていて、この日に参拝すると…

46000日分(約126年分!?)

の参拝に相当するご利益が得られるんですって!!!

もう、一生分ですね!

この、功徳日に一番乗りで参拝したいという人々の想いから、前日の9日からかなりの人が集まってきたことから今では9日と10日の2日間が功徳日となったそうですよ。

開催時間も公式ホームページでは21時までとなっていますが、実際には23時ごろまで開いているお店もあって夜遅くまで賑わっています。

本堂や五重塔もライトアップされるので、夜のほおずき市も江戸情緒があって粋で素敵です♪

ただ、2日目は売り切れ次第閉店してしまうので、あまり遅い時間に行くのはおすすめできません。

スポンサードリンク

売れ残ったほおずきを値引きしてくれることがあるので、あえて遅い時間を狙う人もいるみたいですが売れ残りは確実じゃないので7月10日に行く場合は早めの時間がおすすめです☆

浅草ほおずき市のほおずきの値段は?

浅草ほおずき市のほおずきは 風鈴付きで1鉢2500円 です。

これは協定価格で決まっているので、どこのお店も同じ価格なんですね!

ただ、2鉢買うからと交渉すれば値引きしてもらえることもあります。

あとは2日目の閉店間近も値引きのチャンスです!

他にも、枝ほおずき1000円、ほおずきの実500円、ひごほおずき50円でも買えますよ。

たくさん買った場合でも、各お店で宅配をお願いできるので安心してください。

宅配代は別でかかりますが、ほおずき専用の箱に入れて宅配してもらえますよ^^

浅草ほおずき市で風鈴付きの理由は?

風鈴と言えば涼しげな音色で風を運んでくれる日本ならではのアイテムですよね。

もともとは涼を感じるためのものではなく、軒下に吊るして 魔よけ として使っていました。

昔は強い風と一緒に悪い気も運ばれてくると信じられていました。

そして、 風鈴の音が聞こえる範囲は聖域で悪い気は近づけないと言われていたんです!

恐るべし・・・風鈴の威力!

今は住宅事情が変わってしまい、風鈴のある家をあまり見かけなくなってしまいましたよね…

チョット寂しいです(´・ω・`)

軒下がなくてもカーテンレールや物干しに吊るすこともできますし、条件的に許されるなら天井に釘を打って吊るしてもいいと思います。

ほおずき市に出かけたら、せっかくなので風鈴付きのほおずきを買って日本の情緒を感じてもらえたら嬉しいです☆

さいごに

この、ほおずき市の2日間だけ限定で授与される雷などの災難を避ける「雷除札」も人気がありますが、欲しい場合は境内が空いている時間にお出かけくださいね。

ほおずき市の間はいつもより遅くまで(20時まで)開いていますよ~☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑