ふるさと納税の確定申告が不要に!上限が2倍になる!還付と控除とは?

公開日: 

37b4adb27612143928eb9156cb49f020_s

今、ふるさと納税が熱いですね~

実質2000円で全国の特産品がもらえちゃうのに、2015年春からは今までの2倍もらえるようになります!

めんどうな確定申告も不要になるんですよ(*^^)v

スポンサードリンク

ふるさと納税の確定申告が不要に!

ふるさと納税は税収による地方間の格差を減らすために2008年に創設された制度です。

簡単に言うと、 地方に寄付してお礼に地元の特産品をもらえる 制度のことですね!

多くの自治体では1万円寄付すれば特産品がひとつもらえますよ^^

その後、確定申告すれば8000円が還付または控除されるので、 実質2000円で特産品がもらえたということになります。

ふるさと納税は「ふるさと」と言っても自分の生まれた地方や実家がある市町村じゃなくてもいいんです!

各自治体が魅力的な特産品を用意しているので、自分が欲しい特産品がある自治体に寄付してみるのもいいですね^^

複数の自治体に寄付することも可能なので、まずはお取り寄せ感覚で好きな特産品を選んでみましょう♪

例えば…

3つの自治体に1万円ずつ 合計3万円寄付 します。

各自治体から特産品を 合計3品 もらいます。

確定申告すれば 2万8000円が還付・控除 されます。

実質 2000円で特産品が3品 もらえたことになります^^

ただ、ずっとサラリーマンをしている人は確定申告なんてしたことない!

やり方わからないし、なんかめんどくさい・・・

って思いますよね?

それがなんと2015年4月から確定申告しなくてもよくなります!

寄付をした自治体から自分の住んでいる市町村に情報が伝わり住民税が控除される仕組みになったんです。

ただし、自治体の手間を考えて 確定申告が不要になるのは5地域までと条件があります。

スポンサードリンク
注意 6地域を超える場合は確定申告が必要になるので気を付けてくださいね!

ふるさと納税できる上限が2倍になる!

ふるさと納税は寄付なので、いくらでも寄付することは出来ます。

でも、税金が還付・控除されて実質2000円で済ませたいですよね?

2000円の実費で済ませるには寄付の上限金額があります。

上限金額は職業や年収、家族構成によって変わります。

この上限金額が今年の4月から、なんと2倍になるんです!

例えば年収600万円のサラリーマンで専業主婦の奥さんと中学生以下の子供がいる夫婦の場合

7万6000円と今までの約2倍の寄付ができるようになるんです!

寄付と言っても7万4000円は還付・控除されるので実質2000円の出費ですよね^^

給与所得者の方の上限額はこちらを参考にどうぞ

寄付額一覧

ふるさと納税の還付と控除とは?

所得税=払ったお金が戻ってくるので還付

住民税=払うお金が安くなるので控除

例えば上限が3万円の人が3万円の寄付をした場合

所得税の還付と住民税の控除の合計が2万8000円となり、実質2000円の自己負担となります。

この内訳は、約1割の2800円が所得税の還付で残りの2万5200円は住民税から控除されます。

所得税は確定申告すればお金が戻ってきます。

所得税が2万8000円戻ってくると勘違いする人がいますが実際に戻ってくるのは2800円だけです。

間違えやすいのは残りの2万5200円の住民税からの控除の分です。

こちらはお金が戻って来ません。

本来払うべき住民税の金額から2万5200円を引いた納付書が送られてくるんです。

ややこしいですが、還付でも控除でも結局はちゃんと節税になっています^^

さいごに

1万円の寄付から特産品がもらえる自治体がほとんどですが、最近は5000円やそれ以下の寄付でも特産品がもらえる自治体もあります。

美味しいものが食べられて、知らない地域を知ることが出来て、節税にもなるふるさと納税。

敷居のさがった今年は始めるチャンスかもしれませんね~☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑