土用の丑の日にうなぎを食べる理由 夏バテに効くの?冬にもあった!

公開日: 

7dd95a2d79312396f4816faaa8b66a65_s

毎年やって来る「土用の丑の日」

なんだかうなぎを食べなくてはいけない日になってますよね

でも、なぜうなぎを食べなくてはいけないの?

なんて思った方のお役に立てると思いますよ~

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

まず、土用の丑の日は中国の 五行思想 が起源になってます。

五行とは万物は 火・水・木・金・土の5種の元素からなっており、その5種を敬う思想です。

現在の暦の元にもなっていますね。

春は木、夏は火、秋は金、冬は水、そして立春・立夏・立秋・立冬前の18日間は土用。

丑の日は十二支を日にちに当てはめたもので、その中の丑です。

土用の丑の日の意味は

  • 土用→土に感謝
  • 丑の日→土を耕す牛に感謝

土と牛に感謝し、休ませる日だったんですね!

そして、 土と牛の色にちなんで黒いものを食べる日となりました。

本来であれば鰹や鮒やナスなどの黒いものを食べる日なのですが江戸時代の蘭学者の平賀源内が夏場の営業不振になやんでいた鰻屋に助言をしてこの風習を利用して黒い鰻を売ることを勧めたのが現在に至ってます。

なので別にうなぎじゃなくてもいいのです!

一部では 「う」 のつくものを食べればいいという説もありますがそれは根拠のない話みたいですね~

今日まで平賀源内に踊らされて、うなぎを食べていることになります( ゚Д゚)!

でも、夏前にうなぎを食べるのは夏バテ防止になると聞いたコトがあるぞ!

スポンサードリンク

と思う方もいると思います。

うなぎは夏バテに効くのでしょうか?

うなぎの栄養は夏バテに効くの?

前に書いた文章にヒントがあるのですが、 夏場の営業不振に悩んでいた鰻屋に助言をしたとあります。

江戸時代はうなぎは夏に売れなかったと言うことですよね?

そもそも、うなぎの産卵期は冬です。

ほとんどの魚は 産卵前が一番脂がのって美味いと言われています。

そうなると うなぎの旬は秋~冬 ですよね?

しかし、現在の鰻屋さんもうなぎの長所をアピールして平賀源内が作ってくれた流れに乗り継ぎうなぎを売らなければなりません。

でも、ウソはつけません!

夏バテ解消にうなぎを食べることには意味はあります!

夏バテの原因は栄養不足です。

汗と一緒にミネラル成分も流れ出てしまいます。

夏バテ防止にはビタミンB1、ビタミンA、ビタミンCが不可欠です!

うなぎにはビタミンB1とビタミンA、タンパク質、脂質、ビタミンD、カルシウム、DHA、EPAといった夏バテを予防する栄養素が豊富に含まれているんですね。

そうは言ってもうなぎだけ食べていれば夏バテしないかというとそうではありません。

夏野菜も夏バテ防止に効き、うなぎにはない栄養素が入っているので合わせて摂取するようにしましょうね^^

土用の丑の日が冬にもあった!

先の文章にもありますが季節毎に土用の丑の日はあります。

夏の土用の丑の日が有名ですが、春・秋・冬にもあるんですよ。

最近ではうなぎ業界も季節毎にうなぎを売ろうとしてますねw

まあ、うなぎの旬は秋~冬なので美味しいうなぎが食べられる日と思えばイイですね♪

さいごに

土用の丑の日にうなぎを食べる理由は若干こじつけっぽいですが^^;

美味しいうなぎを食べてスタミナをつけて暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑