お中元はいつからいつまで?地域によって時期が違う?誰に贈るもの?

公開日: 

df00ee284dda87dd0ce30c7568fbc0e9_s

お世話になったへ贈るお中元は日本ならではの習慣です。

でも実際に贈ろうと思ったら、いつからいつまでに贈ればいいの?

贈る相手は誰?などわからない事もありますよね^^;

お中元を贈る時期や、贈る相手について知っておきましょう(^O^)/

スポンサードリンク

お中元はいつからいつまでに贈る?

お中元は中国から伝わった行事で、日本のお盆と合わさって日本独特の文化として定着しました。

中国では三元をお祝いする習慣があり、7月15日を中元として先祖の供養と半年間の無事をお祝いしていました。

  •  1月15日  上元
  •  7月15日  中元
  • 10月15日  下元

これがお盆の行事と結びついて、親戚や知人の家を訪問してお互いの無事を確認しあうようになりました。

その際にお互いが品物を贈答しあうようになって、この贈答の習慣を今ではお中元と呼んでいます。

7月15日が中元なので、 東京の周辺では7月15日頃までにお中元を贈るのが一般的になっていますね。

それを過ぎたら「暑中御伺い」立秋を過ぎたら「残暑お見舞い」として贈ります。

お中元は地域によって時期が違うの?

お中元を贈る時期は地域によって少し考え方が違います。

スポンサードリンク

一般的には7月上旬~7月15日頃贈りますが、 関西地方では8月上旬~8月15日頃贈ると言われています。

他の地域と比べて1か月ほど遅いですが、これは陰暦と陽暦の違いですね。

しかし、現在では贈る時期はそれほど大きな問題ではなくなってきています。

大切なのは日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えることですからね^^

お中元は誰に贈るもの?

お世話になっている方への感謝の気持ちを伝える贈り物なので両親や親戚、会社の上司などが一般的ですね。

自分がお世話になっていると感じていて、その気持ちを伝えたければ お友達や近所の人に贈るのもいいでしょう。

ただ、お中元やお歳暮は一度贈ったら、毎年贈るのがマナーと言われています。

贈る相手が多いと自分の負担が大きくなるので、今後のこともよく考えて贈りましょうね。

また、お中元を贈った相手にはお歳暮も贈るのもマナーのひとつです。

一年に一度だけ贈るつもりならお中元ではなく、お歳暮を贈るようにしましょうね^^

お世話にはなったけど、これから毎年贈るつもりのない相手にはお中元ではなく 「御礼」として贈る方が無難ですよ。

まとめ

お中元やお歳暮はお世話になった方への感謝の気持ちです。

相手のことを思い、喜んでくれている姿を想像して贈り物を選びたいですね^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑