バーベキュー炭の火の付け方|炭の選び方と美味しく焼ける火加減は?

公開日: 

9e6b466fa11f15fc07bfc4c957740bf6_s

バーベキューの醍醐味と言えば炭火での調理ですよね~(´▽`*)

でも、炭の火熾し(ひおこし)は初心者さんには中々難しく大変な作業に思われますが…

炭の火熾しに焦りは禁物です!

正しい手順で行えば難しいことはないんですよ~

スポンサードリンク

バーベキュー炭の火の付け方

炭の火熾しは慣れないと 30分以上はかかると思ってくださいね^^

私は、じっくり炭を熾すこの時間が大好きです( *´艸`)

少し時間はかかりますが、安全で確実な方法をご紹介しますね。

炭の熾し方
1.バーベキュー用のコンロの真ん中に固形の着火剤を置く。

2.着火剤の上に割り箸などの木片を置く。

3.5センチくらいの炭を重ねる。(大きかったら割る)

4.着火剤に火をつける。

5.炭に火がついたら、うちわで思いっきり煽ぐ!

6.炭を足して、今度は少しゆっくり目に煽ぐ。

7.全体的に赤くなればもう大丈夫!

ここで注意するポイントがいくつかあります

ポイント

1.新聞などの紙は使わない

  うちわで煽ぐとカスが飛び散って危ないです!
  しかも食材にも付くし...

2.着火剤は固形のものを使う

  ジェルタイプが多いですが扱いが難しく、使い方を間違えると大事故に!

3.炭は小さい方が火がつきやすい

  大きい炭は5センチ以下に割りましょう

4.炭選びも重要です

  火がつきやすい炭とつきにくい炭があります
  備長炭なんて選んだ日には…いつまでたってもお肉が食べられませんよ( ;∀;)

注意

早く火をつけたいからと言ってガスバーナーで炭を燃やしたり、カセットコンロで直接焼くという方法もありますが私はおすすめしません。

急速に加熱することで中の水分が膨張し炭が爆発することがあります!
特に湿気を含んだ炭は注意が必要です。
火傷やケガの可能性もあるので、出来るだけ安全な方法をご紹介しました。

スポンサードリンク

バーベキューに向いている炭の種類

一言で炭と言っても種類は結構たくさんあるんですよね~
バーベキューで使われる主な炭はこんな感じです。

  • 黒炭

ホームセンターなどで売っているBBQ用木炭です。
安くて、火つきが良いのが特長で使いやすさはNO.1です。
ただ、火持ちが悪いのとにおいや煙が気になるのがデメリットですね。

  • 切炭

主に岩手県産の切炭は火つきが良くて火持ちも良い。
においも少ないので私は1番おすすめです☆
国産てところもポイントです。

  • 備長炭

これは有名ですよね^^
火持ちが良くて、においも煙も少ない高級炭です。
ただ、非常に火熾しに時間がかかります!

  • オガ炭

おがくずを圧縮して形成した炭で、見た目が丸や四角で真ん中に穴があいているのが特長です。
炭らしくない?のでバーベキューの雰囲気が出ないのが残念です。
火つきはいまいちですが、火持ちは備長炭なみの安定感があります。

私の おすすめは国産の切炭です。

備長炭もすごく魅力的なんですが、非常に火がつきにくい(>_<) どうしても備長炭が使いたい!

って時は、最初にご紹介した炭の火の熾し方の1~5まで終わったら、6で備長炭を足す方法にすれば比較的短時間で火が熾せますよ^^

それでも1時間は覚悟した方がいいですね^^;

バーベキュー炭は火加減が重要!

バーベキューの炭火焼を美味しく楽しむもうひとつのポイントが火加減です。

炭火は炎ではなく、遠赤外線で焼く!

赤い炎が燃え上がっている時は、まだ食材を焼く時ではありません。

炭の芯が赤くなり、周りが白っぽくなっている状態を熾き(おき)と言います。

炎の状態で食材を乗せると必ず焦げます!

熾きの状態にしてから焼くと遠赤外線で外はこんがり、中はふっくらに仕上がりますよ♪

また、火加減を調整するためにコンロの全面に炭を広げず、半分にだけ熾き炭を置き半分は焼けた食材を保温するスペースにすると焼きすぎて焦げる心配がありません。

炭の量で火加減の調整をするといいですよ^^

まとめ

難しいと思われがちな炭の火熾しですが、コツを掴めば必ず火はつきます。

火は下から上に燃え上がるので、その自然の力を生かして、後は風を送ってあげるだけです。

早くつけようとして危険な目に合うより、じっくり気長に火がつくのを待つのも良いものですよ~

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑