子供の頭皮のフケが気になる!乾燥を抑えるシャンプーと保湿

公開日: 

子供の頭のフケ、気になりませんか?

小学校高学年にもなると、子供も気にし始めます。

子供は代謝が良いので大人以上にフケが出やすいんですよ。

簡単なケアで軽減されることもあるので一度お試しくださいね^^

スポンサードリンク

子供の頭皮のフケが気になるお母さん必見!

まず、フケの原因は 「乾性フケ」 「脂性フケ」 に分かれます。

・乾性フケ

子供の場合は乾性フケのタイプのものがほとんどです。

頭皮の脂が少なく乾燥することにより頭皮がダメージを受けることからフケが出ます。

乾燥しがちな冬季によく見られる症状ですね。

子供の皮膚は水分、皮脂ともに成人に比べて明らかに少ないというデータがあります。

・脂性フケ

皮膚は常に皮脂を分泌しています。

皮膚の分泌が多くなることにより角質層が剥がれ落ち、それがフケになりますがその原因は様々です。

また、皮脂は真菌によって脂肪酸に分解されます。

その際に皮膚に炎症がおこり 頭の水虫ような症状がおこり皮が向けるような感じのフケになることがあります。

フケ自体は新陳代謝より発生するので、それ自体が病気というわけではありません。

でも、程度によっては子供も気にするでしょうから対策が必要ですよね。

乾性か脂性を見分けるには 朝方に子供の頭皮にあぶらとり紙を当ててみて下さい。

脂がつけば脂性よりですね。

子供の頭皮の乾燥や炎症を抑えるシャンプーの仕方

子供のフケは大人と一緒にお風呂に入らなくなった頃からはじまることが多いんです!

要するにちゃんと洗えてなかったり、間違った洗い方をしていることが考えられますね。

・乾性の場合のシャンプーの仕方

スポンサードリンク

頭皮の乾燥が原因の為、シャンプーでの洗い過ぎはやめましょう!

頭皮の必要な皮脂を取り過ぎてしまいます。

アルコール系のシャンプーや、石鹸シャンプーは洗浄力が強いので、 アミノ酸系のシャンプーを使ってみましょう^^

・脂性の場合のシャンプーの仕方

余分な皮脂をしっかり洗い流したほうがいいです。

シャンプーを手に取り泡だて、頭皮を指の腹で揉む様にしっかりと洗いましょう。

すすぎにはシャンプーの倍の時間を使いましょう。

子供の頭皮の保湿

最初にも書きましたが、子供のフケの原因の多くは 乾性 です。

保湿することでかなり改善されると思われます。

天然オイルをシャンプー前に頭皮にやさしく揉み込むとシャンプー時に必要以上に皮脂をとられることを防げます。

・ホホバ油

育毛シャンプーの成分としてもよく使われてます。

保湿性が高く、頭皮のクレンジングにも効果があり清潔な頭皮を保てます。

ホホバ油をつけてから15分後のシャンプーがおすすめです

・椿油

人の皮脂の主成分でもあるオレイン酸が含まれているので、皮脂になじみやすいのが特徴です。

保湿性に優れていて、皮脂不足も補修してくれます。

皮脂になじみやすいので椿油をつけてから1分ほどでシャンプーが可能です。

・馬油

最も人の皮脂に近い成分で出来ていて、肌に浸透しやすいです。

乾燥による、かゆみやフケも改善されます。

余分な皮脂を抑制してくれます。

馬油をつけてから1分ほどでシャンプーをして、さらに1時間後に馬油で頭皮をマッサージすることでより高い効果が見込めます。

まとめ

お子様がフケで嫌な思いをしない様にしてあげましょう。

たまには一緒にお風呂に入って頭を洗ってあげるといいかもしれませんね^^

親子のコミュニケーションにもなりますよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑