赤ちゃんがいる家におすすめの加湿器。選び方のポイントは?

公開日:  最終更新日:2014/10/17

赤ちゃんは生後6か月位から風邪をひきやすくなります。
それは、お母さんからもらった免疫がだんだん切れてくるからです。

冬に流行る風邪の多くは室温25℃、湿度60%に保つことでウィルスの活動が弱まると
言われているので、加湿器は風邪予防に有効と考えられます。

スポンサードリンク

加湿器のタイプはいろいろあります

加湿器がいいのは分かっても、その種類はたくさんあって選ぶのも大変ですよね!

・超音波式

・スチーム式

・気化式

・ハイブリッド式

他にも種類はあるみたいですが、主なものはこの4つでしょう。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、簡単に紹介しますね。

メリットとデメリット

・超音波式

水を超音波で振動させて、霧状にして放出する加湿方法

<メリット>
霧を噴出させるので、加湿力が高い
購入・維持費が安い
ヤケドの心配がない

<デメリット>
水の粒子が大きいため、周囲が湿ってしまう事がある
タンク内の水に雑菌が繁殖した場合、取り除く手段がないため、
部屋中に雑菌をばら撒く可能性がある。

・スチーム式

電気で水を沸騰させて、蒸気で加湿する方法

<メリット>
水を沸騰させているので雑菌がなく、キレイな蒸気が出る
蒸気が暖かいので、部屋が寒くならない(むしろ暖房効果がある)

スポンサードリンク

<デメリット>
結露が出きやすい
ヒーターを使うので電気代がかかる
蒸気が熱いので、ヤケドの可能性がある

・気化式

フィルターに水を含ませて、ファンで風を当てて気化させる加湿方法

<メリット>
電気代が安い
濡れタオルを部屋に干しておくと乾燥する原理に近い
結露しにくい

<デメリット>
加湿効果が弱い
音がうるさい

・ハイブリッド式

気化式にヒーターを付けて温風で加湿する方法

<メリット>
温風なので気化式よりも加湿効果が高い
熱くはならないのでヤケドの心配はない

<デメリット>
機能がいいので高価
ファンの音がする

私のおすすめはこれ

色々書いてみましたが、赤ちゃんがいる家では安全で清潔な加湿器を
選ぶ必要があります。

雑菌が心配な超音波式と、ヤケドが心配なスチーム式は赤ちゃんがいる
家にはあまりおすすめできません。

私のおすすめは、ハイブリッド式です。

我が家でも使っていますが、思っていたよりも静かで音が気になる事はありません。
蒸気が見えず熱くならないので、子供が触っても大丈夫です。
加湿効果が高く、常に湿度は50%~60%に保たれています。

最近では、空気清浄機能が付いた加湿器もありますが、個人的には
加湿器と空気清浄機は別に用意することをお勧めします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑