京都で観光ついでにおすすめの桜の名所と夜桜のライトアップ!

公開日:  最終更新日:2015/01/18

京都には桜の名所がたくさんあるんですよ~♪
私のおすすめ「京都の桜の名所」をご紹介します^^

スポンサードリンク

京都の観光ついでに桜の名所に立ち寄る

私は京都が大好きで毎年何度か訪れるんですが、ここ数年は外国人を含め観光客が急激に増えた印象があります。
そのためか、どこに行っても人が多くてビックリします(゚д゚)!

なので、 しっかりお花見をしよう!というより、 京都観光のついでにキレイな桜も見ちゃおう♪
って感じで、お散歩しながらお花見できる桜の名所をご紹介します。

・円山公園

京都で人気の桜の名所「円山公園」はこの時期、花見の宴会客であふれていますので、シートを広げてゆっくり座ってお花見とかはあまりおすすめできません。

というか、地元の人の場所取りでいい場所は取れないと思った方がいいです!

ただ、公園の中央にある大きな「祇園枝垂桜」は一見の価値ありなので、観光ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

・哲学の道

南禅寺から銀閣寺までの2キロほどの散歩道です。

道沿いに約450本の桜が植えられていて、満開時には桜のトンネルができて本当にキレイです。

お寺や神社に立ち寄りながら歩けば1日楽しむことができますよ^^

・平野神社

平野神社には約500本50種類の桜が植えられています。

しかも、早咲きから遅咲きの品種の桜まで植えられているので、見頃が3月中旬~4月下旬と約1ヶ月もあるんです!

ギリギリまで予定が立てられない人にもおすすめです。

京都の桜の名所でライトアップを楽しむ

ライトアップされた夜桜は幻想的で本当に感動!!

・二条城ライトアップ2015

期間   2015年3月20日(金)~4月12日(日)
時間   18:00~21:30(受付21:00まで)
料金   大人400円   小・中高生200円
 

※一般公開(~16:00)とライトアップは続けて見ることは出来ません。
入れ替え制、別料金のため、注意してください。

スポンサードリンク

ちなみに 着物の人はライトアップの入場料が無料になります!
混雑する日はチケットを買うだけでも長蛇の列ができるので、チケットの列に並ばず入場できるのもいいですよね。

もうひとつのおすすめ桜のライトアップは

・清水寺夜の特別拝観

期間   2015年3月28日(土)~4月12日(日)
時間    18:00~21:30(受付21:00まで)
料金   大人400円   小・中学生200円

※清水寺も一般公開時間と夜の特別拝観は入れ替え制、別料金になるので注意してくださいね。

一番のおすすめは奥之院。
清水の舞台が一番よく見えるベストスポットです!
ただし、この時期はかなり混雑しますので、前の方に行くのは大変かもしれません^^;

人混みが苦手な人は、遅い時間(21時ギリギリ)になると割と空いてくるので狙い目ですよ(^O^)/

京都で本当におすすめの桜の名所

今回、私が一番おすすめしたい場所はズバリ 京都御所 です!

普段は事前の予約がないと参拝することができない京都御所ですが、 年に2回(春・秋)だけ予約不要の一般公開が行われます。

春はちょうど桜が見頃の時期に一般公開されるので、運が良ければ京都御所の桜を見ることができます^^

期間   2015年4月3日(金)~4月7日(火)
時間   9:00~15:30
料金   無料

※参観者は宜秋門(ぎしゅうもん)から入って清所門(せいしょもん)から退出します。
(清所門の最終退出時刻は16:15です。)

※一般公開実施に伴い、通常の参観は4月2日(木)~4月8日(水)までお休みになります。

普段は予約が取りにくく、中々訪れる事の出来ない京都御所なので、一般公開は多くの人で賑わいます。
京都御所はとても広く、管理や警備が行き届いていて、凛とした空気が漂っていて他にはない空気感です!

入場の時間は一番混み合いますので、人混みが苦手な人は避けた方がいいです。

終了時間に近づくと空きはじめますので、ゆっくり見たい人には15:00頃がおすすめですよ♪

さいごに

京都の景色と桜って、すごく相性がいいですよね^^
一緒に見れる期間はとっても短いですが、京都でのお花見おすすめです!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑