ハロウィンで子供たちに配るお菓子はどんなものがイイの?

公開日:  最終更新日:2014/10/17

「トリック・オア・トリート!」
初めて聞いた時には、意味がわからない何?と思いました(笑)

数年前から、日本でもハロウィンがイベントとして広まってきましたね。
子供たちが「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれないと、イタズラするぞ!)」
と言って家を周り、お菓子をもらいます。

元々ハロウィンはケルト人の宗教行事で分かりやすく言うと日本のお盆の様な行事です。

それがアメリカに伝わり、日本に伝わる頃には宗教的な事はほとんどなくなり、
楽しいイベントになっていました。

それはハロウィンに限らずクリスマスやバレンタインもそうですが、今では日本でも
メジャーなイベントとして皆さん楽しまれているようです。

スポンサードリンク

配るお菓子の量はどのくらい?

ハロウィンは家を回ってお菓子をもらう。と認識している人は多いと思います。
ですが、いきなり知らない人の家に行き「お菓子を下さい。」というのはダメです!

当たり前ですが、知らない子供がいきなり家に来たら困ります…準備もしてないですし。

では、ハロウィンはどこでやるのか?
最近は、学校や子供会の行事として楽しむことが多いみたいですね。

例えば、地域の子供会でハロウィンのイベントを企画したとします。
子供の人数にもよりますが、ここでは20人位としますね。

イベントに参加する家は子供が見てわかりやすいところに目印を飾ります。
雰囲気を出すためにかぼちゃのランタンはお勧めですが、わざわざ買うのは
もったいない人は手作りの飾りでも良いと思います。

スポンサードリンク

子供たちが「トリック・オア・トリート!」と言って来たら
「キャー!お菓子をあげるからイタズラしないで~」なんて言いながら
お菓子をあげると盛り上がります(*^^)v

この時に渡すお菓子の量ですが、飴やクッキーなど一つ一つが個装されているお菓子1個で
イイと思います。
なぜなら、1件で1個もらっても、20件回った時には20個のお菓子が子供の手元に
あるからです。

そう考えると結構な量になりますよね!

子供が選べるようにカゴなどにかわいく盛って「好きなの、どーぞ♪」
って言ってあげると喜んでもらえるのではないでしょうか。

手作りのクッキーはどうでしょう?

子供と一緒にハロウィンを楽しんじゃおう~!
っていう人は、簡単に出来る型抜きクッキーを作っちゃうのも
良いですよ。

クッキーのレシピは、お子さんでも簡単に出来るものもありますので、
探してみて下さい。

生地が出来たらかぼちゃやお化けの型で抜いて焼きます。
後はチョコペンで顔や飾りを描けばハロウィンのイベントに
ピッタリのお菓子が出来ます。

かわいくラッピングすると、他の人とかぶらずオリジナルの
お菓子になって喜ばれると思いますよ。

まだまだクリスマスやバレンタインの様にメジャーなイベントでは
ありませんが、家を飾り仮装してお菓子をもらう。
子供たちには魅力的なイベントに思えます。

オリジナルのイベントを企画してもっとハロウィンを盛り上げましょうー

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑