引越し挨拶の粗品で喜ばれるものは?のしの書き方はどうする?

公開日:  最終更新日:2015/09/20

引越しの時のご近所への挨拶まわりの際にどんな粗品を持って行けば良いか悩みますよね。
でも、すべての人に喜ばれる品なんてないんです。

あくまでご挨拶の粗品なんで、そこまで深く考える必要はないと思います。
金額も金額ですしね!

スポンサードリンク

引越しの挨拶まわりの粗品で喜ばれるもの

挨拶まわりはこれからのご近所付き合いを円滑にするために不可欠なものです。
気をつける点をお伝えしますね。

◎避けたほうがよい粗品

何を渡すかも大事ですが、避けるべきものも考えた方が良いかもしれませんね。
日持ちしないものは論外ですよ!

・洗剤

それぞれにこだわりや好みがあるので「使わない洗剤もらってもなぁ」と思われてしまうかもしれません。
液体洗剤を使う方もいれば、粉末洗剤を使う方もいるので難しいでしょう。

・石鹸

もらった瞬間「今時石鹸なんて使わないし!」と思われてしまいそうです。

・折り畳み傘

私があげて失敗したものです…
やはり好みがあるので微妙でした。
しかも地味に邪魔^^;
渡した時の怪訝そうな顔が忘れられません…

・地域のゴミ袋

絶対に使うし、好みもないしありがたいと思うのですが初対面でゴミ関係って正直どうかと思います。

・菓子折り

やはり好みが別れますよね。
今時はアレルギーの問題もあるので避けたほうが無難です。

やはり好みに左右されず、邪魔にならなくて、使いまわせるものが良いかと思います。

そうなると

◎喜ばれそうな粗品

価格は500円~1000円位が妥当です。

・お米

「私はパン派で米なんて食べないのよ!」なんて人も少ないのでおすすめです。
食べたらなくなるし、邪魔にもなりません。
今は箱に入れてくれてギフトっぽくもしてくれますよ。

・タオル

好みもあると思いますが家の中で使うなら問題ないと思います。
有名な四国今治産のハンドタオルでも500円位です。
もし、使わなくてもバザーなどにも出せるので。

・ラップ

これももらって迷惑になるものではないですよね。
2本セットにしてのしをかけましょう。

・ジップロック

これも便利系。
消耗品であって困らないですよね。

・ボックスティッシュ

私的には一番気がきいてるかと思います。
生活必需品です。
チョット高級なティッシュがおすすめです。

・QUOカード

もう、色々悩むならいっその事ほぼ現金的なものがイイかもしれませんね!
私が今までもらったなかで一番嬉しかったものです^^



引越し挨拶の粗品の渡し方

引越しの翌日までには挨拶に行くのがマナーです。
出来れば当日がベストですね。

訪問販売だと思われないように、まず
「引越しの挨拶に伺いました○○です」と切り出しましょう。
その後は簡潔に自己紹介と宜しくお願いしますを伝えましょう。

引越し作業で疲れていると思いますが笑顔でいきましょうね!
第一印象はあとあとまで残ります。

マンションの場合は、上下、両隣 とされています。
最近は迷惑をかける事の少ない上階は省略される方が多いようですね。
管理人さんにも粗品を渡しておけば色々と気に掛けてもらえると思います。

一戸建ての場合は、向こう三軒両隣 は最低限伺うべきとされています。
町内会で組み分けがある場合は組のみなさんのところに伺うべきです。
町内会長さんへの挨拶も忘れずに!

引越し挨拶の粗品のしの書き方

nosi

のしは印刷でも、直筆でも構いません。

白赤の蝶結びののし紙を選びましょう。

のしの表書きは「粗品」でもいいのですが、 「御挨拶」 と書いたほうが印象がいいです。

のしの下半分には自分の名字を書きます。

ちゃんと相手の方に自分の名前を覚えてもらいましょうね。

さいごに

ご挨拶まわりは、ご近所関係を円滑にする為に必要不可欠なものです。
東日本大震災で災害時に近隣住民の方にとの連携の強さが必要なことも学びました。

長くお付き合いされることになると思うご近所さんです。
よい関係を築けるとイイですね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑