雛人形を飾る場所は?玄関に飾ってはダメ?リビングは子供が触る!

公開日:  最終更新日:2015/01/26

女の子の健やかな成長を願うひな祭り。

雛人形を飾ってお祝いしますが、雛人形って意外と場所をとるし、現在の住宅事情では飾れる場所も限られてきますよね(^^;)

そんな雛人形を飾っていい場所と、飾らない方が良い場所をご紹介します^^

スポンサードリンク

雛人形を飾る場所はここがおすすめ

昔と違い、今は和室がない家も多いですし、ここに飾らないとダメ!という決まりはとくにありません。

どこに飾ってもいいんですが、お雛様には 「我が子の成長を見守ってもらう」という意味が込められているので、家族が一番長い時間を過ごす リビング がおすすめです^^

いつも目にとまるから季節感も味わえますしね♪

飾る場所で注意することは

・直射日光が当たるところは避ける。

・エアコンやファンヒーターの風が直接当たるところは避ける。

・キッチンや食卓の近くで水や油が飛んでくる可能性がある場所は避ける。

また、風水では 玄関に飾るのは良くないと言われています。
人の形をしている物はひとりの人間としてみるので、人形にまで運気が流れてしまうそうです!
玄関は良い運気の入ってくる所なので、そこに人形があると、その人形に良い気を取られてしまうんですって!

とくに風水を気にしない人でも、玄関は湿気が多い場所のひとつなので、もしお雛様を飾るなら換気をよくして湿気をためないように気を付けましょうね^^

また、寝室や子ども部屋に飾る人もいますが、あまり人が出入りしない部屋はお雛様が寂しがるので、なるべく避けてあげて下さいね。

雛人形を子供が触るのが心配

ではリビングに雛人形を飾るとして、子供が触るのを気にしちゃいませんか?

うちの娘は今3歳ですが、2歳の時には「お雛様を大事にしようね」という話を理解してくれていました。

小さな子供でも、きちんと話をすればわかってくれるものですよ。

スポンサードリンク

まあ、触ったり、動かしたり、並べかえたりして遊んではいましたが、乱暴に扱って壊すようなことはなかったです。

親子で一緒に飾っても楽しいですしね( *´艸`)

お雛様の起源は「ひいな遊び」という女の子たちの人形遊びです。
なので、私は娘が多少触ったり動かしたりすることは気にしません^^
娘も自分のお雛様として大切に遊んでくれています。
そもそも娘がおじいちゃん、おばあちゃんから贈られたもので、娘のものですからね~

もしも間違って壊してしまっても 「大切にしないと物は壊れるんだよ」 ということを教えられると私は考えていますよ^^

それでも、1歳の時にはまだ 大切にするということが理解できていなかったので、その時は三段飾りの一番上の段だけ娘の手の届かない棚の上に飾りました。

そんなこと言われても、絶対に子供に触らせたくない!と思ったら無理に出さなくてもいいと思いますよ~♪

「触っちゃダメ!」とピリピリするのはお互いにストレスですからね^^;

雛人形を飾る向きは決まってる?

「お雛様は、 南向きか東向き に飾らないといけない」と聞きますが、その理由は神棚と同じで縁起の良い方角だからだそうです。

でも、お雛様は神様ではないですよね?

お雛様は災厄除けのシンボルであり、子供のお守りとなってくれるものです。

雛人形の由来は、自分に降りかかった厄を人形に託し、その人形(流し雛)を水に流して厄を祓うということから始まりました。
(この「流し雛」と「ひいな遊び」が合わさって、今のひな祭りになりました。)

この由来からすれば、雛人形の向きは関係無さそうですね。

すべての方角の厄から守ってくれるお人形なので、特に飾る向きは気にしなくて良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?

お雛様はとてもデリケートなお人形です。

直射日光や湿気を避ける事でお人形を長持ちさせることが出来ますよ♪

今年はぜひ、娘さんと一緒に飾って楽しいひな祭りをお過ごしくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑