バレンタインの義理チョコ職場での渡し方・金額の相場を紹介!

公開日: 

バレンタインは、女性が好きな男性に愛を伝える特別な日ですよね♪

でも、最近は本命チョコよりも義理チョコ(友チョコ)市場の方が賑わっちゃってます^^;

今回は義理チョコの中でも特に、相場や渡し方などに気を遣う職場での義理チョコについてまとめてみました(^o^)/

スポンサードリンク

義理チョコ禁止令?

最近は、義理チョコ禁止令なんてのを出している会社もあるそうです!

最初、この話を聞いてびっくりしたんですが、理由を聞いて納得しちゃいました。

女性社員の負担軽減・男性社員からのお返しの負担が主な理由だそうです。
他にもあげた人あげてない人・もらった人もらってない人で人間関係が悪くなるとか…

何だかめんどくさいですね(-ω-)

ただ、個人的には義理チョコはいっさい贈りません!というのも何だか寂しい気もします
バレンタインの日に、男性も女性もその事には触れずに普通に仕事…というのも不自然じゃないですか!?

「義理チョコ」ではなく「感謝チョコ」と思えばどうでしょうか?
チョコひとつで職場か円滑になれば安いもの^^
日頃の感謝の気持ちを伝えるためにチョコレートを渡してみませんか(*^^)v

義理チョコの相場

一般的な相場はひとり500円前後という意見が多いですね。

スポンサードリンク

でも、社員の人数によってその金額は変ってくると思います。

例えば男性社員100人に対いて女性社員が2人しかいない場合半分ずつ出し合ってもひとり2万5千円!
あまりに負担が大きすぎます( ;∀;)

また、あんまり立派な箱だと、お返しを期待しているようで気を遣わせてしまう事もあります。

義理チョコの場合、金額よりも気持ちが大切だと思うので渡す相手が多い場合は、大袋に個装のチョコがたくさん入っているものを買って来るのもありだと思います^^

これだと、ひとり100円程度で済みますよ!

義理チョコの渡し方

小さな会社ならひとりひとりに渡してもいいと思いますが、人数が多いとそれも大変です。

中には義理チョコ反対派の人も、甘い物が嫌いな人もいるかもしれません。

そんな時は休憩スペースにまとめて置いて「お疲れ様です。よかったらおひとつどうぞ。」
とメッセージを添えておくのがおすすめです^^

これだと欲しい人はもらっていくし、欲しくない人はもらわなくていいのでお互い気を使わなくて済みますしね(*^^)v

さいごに

本来の意味とは違いますが日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える日としてバレンタインデーを利用してみるのもいいんじゃないでしょうか^^

ただの義理チョコですが、これで職場が和むこともありますよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑