ひな祭りのちらし寿司にもう一品!お吸い物とその他の献立は?

公開日: 

3月3日はひな祭りですね^^

女の子のいる家庭ではひな祭りパーティーをする人も多いと思います♪

ひな祭りの定番、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物はなぜ食べられるようになったんでしょうか?

スポンサードリンク

ひな祭りにちらし寿司を食べるのはなぜ?

寿司はその漢字の通り「寿を司る」食べ物で、昔からお祝いの席で食べる高級料理でした。

昔は初節句にお嫁さんの実家からお雛様を贈る風習があり、そのお返しの祝い膳にちらし寿司が振舞われるようになったのが始まりといわれています。

この祝い善の場で振る舞われる料理で、その家の財力や人付き合いの広さを示していたんですって!

他にも、色々な食材を使っていることから将来食べるものに困らない様にと言う願いが込められていると言う説もあります。

そのため、ひな祭りのちらし寿司の定番の具は

・海老(腰が曲がっていることから長寿)
・れんこん(穴が開いていることから見通しがきく)
・豆(健康でまめ(豆)に働ける)

と縁起のいいものが使われます。

どちらにしても海老や卵、さやえんどうなど彩りのキレイなちらし寿司はかわいい女の子のお祝いの膳にピッタリなお料理ですよね^^

ちらし寿司以外のおもてなし料理

ちらし寿司以外にも、ひな祭りをお祝いする料理は色々あります。

・はまぐりのお吸い物
 
 はまぐりは二枚貝で対になっている貝殻としかピッタリ合わないんです!
 この事から将来相性の良い人と出会って仲の良い夫婦になれるようにと言う願いが込められています。

・ひし餅
 
 ひし餅の順番は上から赤(花)・白(雪)・緑(新緑)です。

スポンサードリンク

 梅や桃や桜などの花の下にはまだ雪が残っていて、でもその下には緑が出始めている…。
 春をイメージしているそうです。

・白酒

 甘酒と間違えている人も多いですが、白酒はアルコールが入っているのでもちろん子供は飲めません!
 
 白酒がひな祭りに飲まれるようになったのは、大蛇を妊娠してしまった女性が3月3日に白酒を飲んだら胎内の大蛇を流産させることができたと・・・
 いう言い伝えから、胎内に悪い子が宿らないように白酒を飲むようになったそうです。
 
・ひなあられ

 元々はひし餅を砕いて食べたのが始まりと言われています。
 
 ちなみに関西と関東では味が違って、関西のものは塩や醤油で味付けしてあり、関東のものは砂糖で味付けしています。

ちらし寿司ともう一品!

ひな祭りのおもてなしですが、ひし餅・白酒・ひなあられは食事ではありませんよね…おやつとお酒^^;

ひな祭りパーティーの時にちらし寿司とはまぐりのお吸い物の他にお祝いらしいもう一品を考えてみました♪

せっかくなので、春らしい季節感が味わえるものはいかがでしょうか?

・菜の花のおひたし又は胡麻和え
・ふきのとうやたらの芽の天ぷら
・たけのこの煮物

特におひたしは簡単だし色どりもキレイなのでおすすめです^^

我が家では子供に人気なメニューも取り入れています。

・茶碗蒸し
・鶏のから揚げ

ちらし寿司だけでは物足りない時に良いですよ~

さいごに

女の子にとっては華やかな春のお祝いの行事です。
家族でお祝いして楽しいひな祭りにしたいですね^^

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑