七草粥はいつ食べる?七草粥に合うおかず私のおすすめはこれ!

公開日: 

1月7日は七草粥を食べる日です。
旧暦では、現在の2月頃がお正月だったので春の草が芽を出す時期にその生命力を頂き、1年間を健康に過ごせるよう祈る行事だったんです。

現在では、お正月にご馳走を食べ過ぎて疲れた胃を休める意味で七草粥が食べられています。
スーパーなどにも七草粥セットが売られているので便利ですよね♪

スポンサードリンク

七草粥はいつ食べる?

旧暦のお正月7日に七草粥を食べる習慣は平安時代から続いていると言われています。
昔は小豆やゴマが入って今とは少し違いますが、どれも体に良いものばかりです。

現在の春の七草
せり
なずな
ごぎょう
はこべら
ほとけのざ
すずな
すずしろ

本来は七草を6日の夜から7日の朝にかけて、まな板の上で包丁で叩き細かく刻んでから粥を炊くそうですが、忙しい現代人にはちょっと難しいかもしれませんね…^^;

朝食に食べるのが基本ですが、無病息災を祈りながら1月7日に食べれば昼でも夜でもいいと思いますよ~(oゝω・o)

七草粥のおいしい作り方

でも、七草粥ってあんまり美味しくないですよね(・∀・i)

せっかくなら美味しく食べたいのでアレンジおかゆの作り方を紹介しますね♪

【基本のおかゆ】

材料:

七草
米1合
水1000ml

作り方:

1.お米をといで鍋に入れる、水を入れて30分くらい置いておく。
(時間がなかったら、置いておかなくてもOK)
2.強火で沸騰させる。
3.沸騰したら弱火にしてふたをして30分~40分間煮込む。
4.七草は軽く塩ゆでしてから水気を切って細かく刻む。
5.おかゆに入れて完成で~す♪

【玉子雑炊風おかゆ】

材料:

基本のおかゆ
玉子2個
麺つゆ小さじ2

作り方:

スポンサードリンク

1.基本のおかゆに麺つゆを入れてひと煮たち。
2.たまごを溶き入れて完成!

簡単すぎて作り方も何もないですね…^^;

【中華風おかゆ】

材料:

基本のおかゆ
鶏がらスープの素小さじ2~3
塩・ごま油(お好みで)

作り方:

1.基本のおかゆに鶏がらスープの素と塩を入れてひと煮たち。
2.お好みでごま油を少し垂らして完成!

こちらもめちゃくちゃ簡単です^^

お子様でも食べやすい味付けになっていますので、お試しくださいね~

七草粥に合うおかずはコレ!

本来は疲れた胃腸を休める七草粥です。
あまり油っぽいものや消化に悪いものは今日はやめておきましょう。

・魚の煮物
 金目鯛やブリ、銀鱈などの煮つけが人気ですね~

・焼き魚
 また魚です!アジの開き、焼き鮭はお正月らしくていいと思います^^

・お漬物
 野菜の浅漬け梅干しは消化を助けてくれます。

・煮物
 根菜中心の筑前煮や大根の煮物は胃腸に優しいです。

・漬物
 おかずではないかもしれませんが、梅干しや塩昆布でさらっとどうぞ♪

さいごに

春の七草は早春一番に芽吹くことから、邪気を払うと言われていました。
でも、おまじないのような意味ではなく、お正月に疲れてしまった胃腸を優しく癒してくれる食材なんです!

スーパーで売っている七草粥セットでいいので、今年は七草粥を作って食べてみて下さいねー^^

こちらも参考にどうぞ~

おせち料理の意味って?重箱の詰め方と順番を紹介します!

正月太りを短期間で解消!正月太りの原因はむくみだった!

おせち料理は2日で飽きる!残ったおせちのリメイクしませんか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑