おせち料理の意味って?重箱の詰め方と順番を紹介します!

公開日: 

お正月と言えば重箱にキレイに詰められたおせち料理を思い浮かべちゃいますよね~♪

大晦日に神様にお供えして、お正月に神様と一緒に頂くお正月のおもてなし料理が「おせち」です。

子供のころから当たり前のようにおせちを食べていましたが、実はおせちの事あまり知りませんでした^^;

そこで、気になったおせち料理のことを調べてみました。

スポンサードリンク

おせち料理の意味と由来

おせちとは元々神様にお供えする「節共(せっく)」と言う食べ物のことでした。
季節の節目の五節句(ごせっく)に豊作や子孫繁栄を願って神様にお供えをしていたんですね。

・人日の節句(じんじつ・1月1日)
・上巳の節句(じょうし・3月3日)
・端午の節句(たんご・5月5日)
・七夕の節句(たなばた・7月7日)
・重陽の節句(ちょうよう・9月9日)

それがいつからかお正月の特別なお料理の事だけを「おせち料理」と呼ぶようになりました。

また、神様が家にいる間(三ヶ日)は騒がしくしてはいけないという理由から台所で料理をすることも避けていたそうです。

そのため、おせち料理には日持ちする食材が多く使われているんですね!

重箱の詰め方と順番

なぜ、おせち料理を重箱に詰める理由を知ってますか?
「めでたさを重ねる」「幸せを重ねる」と言う願いを込めて重箱にお料理を詰めるんですね。

他にも

・重なるから場所を取らない
・ほこりや虫がつくのを防ぐ
・お客様に出す時に見た目が良い

など重箱のメリットは多くあります^^

スポンサードリンク

正式なおせち料理は五段の重箱に詰めますが、最近は四段重がメインになっています。
四は「死」を意味する縁起の悪い数字なので漢字では「与の重」と書くようになりました。

上から順番に

一の重

三つ肴
関東⇒黒豆・数の子・ごまめ(田作り)
関西⇒黒豆・数の子・たたきごぼう

最低この三つが揃えばお正月料理として成り立ちます。

口取り
栗きんとん・伊達巻・紅白かまぼこ・昆布巻き

二の重

酢の物
なます・酢レンコン・酢だこ

三の重

焼き物
エビ・サケ・ブリ・鯛

与の重

煮物
筑前煮・クワイ・レンコン

五の重

控えの重
あえて何も詰めずに空けておくことで、まだ幸せが詰められますよ~と言う意味が込められています。

また、おせち料理は奇数の品数を詰めるのが基本です。
一段に3・5・7種類のお料理を見た目よく盛り付けましょう^^

さいごに

最近では肉類や洋風の食材を使ったおせち料理も増えてきていますが、お正月くらいは日本の伝統にしたがってお祝いしてみるのもいいですよね。

こちらの記事も参考にしてみて下さいね^^

おせち料理は2日で飽きる!残ったおせちのリメイクしませんか?

正月太りを短期間で解消!正月太りの原因はむくみだった!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑