七五三のお参りはいつ行く?服装は着物じゃなきゃダメ?

公開日: 

子供の健康に感謝し、成長をお祝いするのが本来の七五三の意味ですが、最近は衣装が派手になったり形式にこだわりすぎている気がします。

昔の子供は栄養状態が良くなく、7歳まで健康に生きると「神の子」と言われるほど子供の死亡率が高かったんです!

そこで3歳・5歳・7歳の節目を迎えられたら地元の氏神様に参拝して、これまでの健康に感謝し、これからの成長を願ったことが七五三の始まりです。

かわいい衣装や、お参りの日などのこだわりもわかりますが、まずはお子様の成長を家族でお祝いすることを1番に考えてみませんか?

スポンサードリンク

七五三は11月15日?

元々は徳川家光が綱吉の成長を祈って儀式を行った日が11月15日だったことから、この日に七五三ををお祝いするようになったと言われています。

また、この日は鬼宿日(きじゅくにち)と言って鬼がいない最良の日という説もあるそうですが、近年では11月15日にはあまりこだわらない人が増えてきています。

11月15日前後で、家族の都合が良い日にみんなで神社へお参りに行けば良いと思いますよ。

七五三の衣装は着物?

3歳では「髪置きの祝い」と言い男女のお祝いが一般的ですが、まだ体も小さく幼い子供に着物を着せて長時間過ごさせるのはかわいそうです。

軽い仕立ての着物を選び、なるべく短時間で済ませてあげるなど、工夫してあげましょう。

5歳は男の子のお祝いで「袴着の祝い」と言い、初めて袴を着ける日です。

スポンサードリンク

しかし、最近はスーツを着る子も増えてきていますね^^
スーツの方が動きやすく、やんちゃな5歳児には楽チンです。

我が家は、おばあちゃんがどうしても着せたいと言い羽織袴を買ってくれましたが、なかなか着る機会のない袴姿の息子もかわいかったです^^
わざわざ買わなくても、写真館でレンタルするのも種類が豊富で選ぶのも楽しいと思いますよ♪

7歳は女の子のお祝いで「帯解の祝い」と言い、大人と同じ帯の着物を着ます。

友禅模様の着物を用意し、体に合わせて肩揚げをします。

肩揚げは、まだこれから成長することを意味していますので、少しでも良いので肩揚げをして着せてあげましょう。
それに、肩揚げしているほうが子供らしくてかわいらしいですよ。

親は何を着ればいいの?

七五三は、かわいい我が子のお祝いです!
親は、子供より控えめできちんと感のあるものを選びましょう^^

子供が着物の場合、親も着物を着たほうが良いですが、慣れない着物は結構大変です。

最近では子供が着物でもスーツやワンピースのご両親もよく見かけます。

記念写真は着物で撮影して、お参りはスーツというパターンもありですね♪

まとめ

子供の成長をお祝いする七五三です。

あまり難しく考えすぎず、楽しくお祝いしてあげてくださいね。

関連記事

七五三は数え年でやるの?満年齢でやるの?正しいのはどっち?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑