インフルエンザの予防接種は受けるべき?赤ちゃんにも効果はあるの?

公開日: 

我が家では家族全員で毎年インフルエンザの予防接種を受けますが、感染する時には感染します。

では、なぜ毎年予防接種を受けるのか?

理由は「重症化を予防する」事が目的なんですよね。

残念ながら、インフルエンザの予防接種で100%の予防は出来ませんから、せめて軽く済んでくれたらいいなぁという思いからです。

スポンサードリンク

予防接種を受ける時期は?

インフルエンザは1月上旬~3月が流行のピークと言われています。
予防接種のワクチンの効果が出るのは2週間後というので、12月の中旬くらいまでには予防接種を済ませておいた方がいいですね。

また、インフルエンザのワクチンの効果は5か月間くらいと言われているので、あまり早く接種するとピークの頃に効果が切れてしまう事もあるので気を付けて下さい。

予防効果はあるの?

実は、インフルエンザのワクチンには、「感染」を予防する効果はありません。
感染というのは、インフルエンザのウィルスが体内に入り増殖することを言います。

では、何を予防するのか?

ウィルスに感染して増殖してくると、頭痛や発熱のどの痛みなどの症状が出てきます。
この状態を発症と言い、ワクチンにはこの「発症」を予防する効果があるとされています。

スポンサードリンク

多くの人は発症から1週間程度で回復しますが、乳幼児や高齢者はまれに脳症や肺炎などの思い合併症を引き起こすことがあります。
これを「インフルエンザの重症化」と言いますが、予防接種のもっとも期待される効果は重症化の予防することです。

1歳未満の赤ちゃんは受けなくてもいい?

赤ちゃんへのインフルエンザの予防接種は医師によって意見が分かれます。

生後6か月を過ぎれば接種は可能ですが、1歳未満の赤ちゃんは三種混合や他の予防接種も多くあり、スケジュールの調整も必要です。
また、乳児のワクチン有効率は50%に満たないと考えられていることから、インフルエンザの予防接種は強くおすすめできません。

家の中で過ごすことが多い赤ちゃんがインフルエンザに感染する原因は、外から持ち込まれたウィルスに感染する事です。
赤ちゃんの感染予防には、家族の予防接種が有効ですね。

ただし、保育園などの集団生活をされているお子様は感染の確立も高くなるので、接種させることもあります。

インフルエンザの予防接種は100%ではないにしろ、発症や重症化を予防する意味では受けておく方が良いと感じました。

また、予防接種だけに頼り切るのではなく、マスクの着用や手洗い、十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事などで予防できることもあるので、日頃から気を付けてみましょうね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑