お年玉をあげる相手は?金額の相場は?渡し方のマナーはあるの?

公開日:  最終更新日:2014/12/13

子供のころ、お正月のお年玉は楽しみで仕方ありませんでした。

でも、大人になって自分があげる立場になってみると、わからないことが多いものです。

お金の話なので、ある程度は周りや世間と合わせるマナーは必要かと思います。

スポンサードリンク

お年玉をあげる相手

お年玉は一般的に親しい間柄の子供にあげます。

自分の子供、自分の孫、親戚の子供くらいでいいと思います。

基本的には目上の人が目下の人に渡すのがお年玉です。
通常ポチ袋に入れて渡しますよね?
ポチ袋の「ポチ」はコレッポチでごめんねという意味だそうです。

なので、目上の人に渡すと失礼になります。

もし、日頃お世話になっている両親や祖父母にお年玉をあげたい場合は「お年玉」ではなく「お年賀」として、のし袋に入れて渡しましょう。

お年玉をあげる相手の年齢ですが、一番多いのが20歳まで、次に高校卒業まで、その次が大学卒業までだそうです。

相手が大きくなると、あげる金額も大きくなるのでお年玉をあげるのも大変な出費ですよね(^^;)

お年玉の金額の相場

お年玉の相場は絶対ではありませんが、ある程度基準があるのでそれに合わせてみるといいと思います。

スポンサードリンク

未就園児       1000円
幼稚園・保育園    2000円
小学校低学年     3000円
小学校高学年     3000円~ 5000円
中学生        5000円
高校生        5000円~10000円
大学生       10000円

あげる子供の人数や、お財布事情にもよると思いますが参考にしてみて下さいね。

まだ、お金の価値がわからない小さなお子さんにはお金ではなく、お菓子やオモチャの方が喜ばれるかもしれません。
お金を渡しても親の財布に入ってしまうかも…

後々揉め事にならないとも限らないので、親戚同士なら最初から金額を決めておいた方が良いと思います。

お年玉を渡す時のマナー

まず、新札を用意しましょう!
気分の問題ですが、新しいお札だと気分もいいです(^^♪

あまり年末に近づきすぎると銀行が新札不足になって替えてもらえない事があります。
余裕を持って、早いうちに新札に替えておくことをおすすめします。

お札は3つ折りにします。縁起が悪いので4つ折りはダメですよ!

お札に描かれている人物の顔が正面に来るように置いて、左から右に3つに折ります。
そして、その状態のまま袋に入れます。
袋の表に相手の名前、裏に自分の名前を書きます。

子供が楽しみにしているお年玉ですが、複数人にあげるとかなりの出費になります。
あげる相手、金額をよく考えて無理のない範囲であげましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑