ほぼ日手帳*毎年変わるカバーデザインを選ぶのも楽しみ

公開日:  最終更新日:2014/10/17

今年も来年の手帳を考える季節がやってきましたね。

私はずーっと変わらず、ほぼ日手帳を使ってます。
ほぼ日手帳とは、糸井重里さんのサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳です。

なんと、ほぼ日手帳の使い方のガイドブックまで出てるんです。

なぜ、糸井重里さんのサイトから生まれたこのほぼ日手帳が人気なんでしょうね?
糸井重里さんはコピーライターなのですが、現在は今の広告業界に嫌気がさしてコピーライターをやっていません。

もう、何をしている人かもよく分からない人もいるかもしれません。

スポンサードリンク

糸井重里さんのサイト、ほぼ日刊イトイ新聞のサイトを見ると、ほぼ日手帳や文具、スマートフォンのケース、なんと調理器具やカレーのお皿、カレーのスパイスまで売ってたりします。

文房具と、カレースパイスを同じサイトで買うのかな~って思いますよね。
でも、めっちゃくっちゃ売り上げがあるみたいです。
広告などの販促は殆どしてないのに、年商は20億を超えてるそうです。

スポンサードリンク

糸井重里さんのサイトで、世界観にメロメロになって、毎年でるほぼ日の商品を何個も買う人が多いみたいです。
必要だからとかでなくて、好きだから買うという感覚ですね。
しかもファンが全然離れない。

ほぼ日手帳を使っていて思うのは
どうすればこの手帳を喜んで楽しく使ってもらえるか?
人は何が嬉しいのかを追求しているなーと思ってしまいます。

やっぱり、来年も再来年も買ってしまう気持ちが良く分かります。

自分の1年間を後から読める一冊の本が出来上がります。

ほぼ日手帳は全部で4種類。

・オリジナル 1日1ページの文庫本サイズ。
・weeks 見開き1週間タイプ。内ポケットに入るコンパクトサイズ。
・カズン A5サイズの大判。置き手帳として最適。
・Hobonichi Planner 英語版のほぼ日手帳。

オリジナルカバーだけでも70種類位あります!

毎年、たくさんの種類の新しいカバーが発売されるのですが、今使っているカバーが気に入っている人は中身だけ買う事も出来ます。
また、サイズが合えば市販の手帳カバーを使う事も可能です。
ほぼ日手帳が好きすぎて、手作りしちゃう人もいるくらいです(^^;)

選択肢がたくさんあるので、きっとお気に入りのカバーが見つかりますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑