年末ジャンボ宝くじはバラか連番どちらを買う?買い方にコツはある?

公開日: 

今年こそ年末ジャンボ宝くじで当たりたい!

バラと連番ではどっちの方が当選しやすいか?

買う場所は、大きい売り場か小さい売り場か?

買う時期は販売開始直後?販売終了間近?

一か所でたくさん買う方がいいの?数か所に分けて色々なところで買う方がいいの?

どうせ買うなら少しでも当選確率を上げたいですよね~

スポンサードリンク

年末ジャンボ宝くじはバラか連番どちらを買う?

宝くじのバラと連番の違いを簡単に説明させて頂きますと 「組も番号もバラバラなのがバラ、組が同じで番号が続いているのが連番」です。

連番のメリットは1等が当たっていると前後賞も当たるので高額当選が狙えるという事です。
(*番号によっては前後のどちらかだけになる場合もあります。)

バラは組も番号もランダムです。

下1桁だけは0-9がならんでいますので最低でも300円は当たります^^;

バラのメリットは番号を1枚ずつゆっくり確認する楽しみがある。

連番の場合は最初の1枚が外れていたら残りの宝くじの結果がわかってしまいますが、バラは最初の1枚が外れていても最後まで結果が分かりませんのでその分長く楽しめます。

よく、購入枚数が同じならバラも連番も当選確率は同じという記事を目にします。

当選確率が同じなら連番を買った方が1等も前後賞も当たるし良いのではないかと思いませんか?

バラを買ったら1等と前後賞狙いの高額当選はありませんが、バラにもバラのメリットがあるのです。

1等か前後賞のどちらか当たれば充分だ!

という方には実はバラの方が断然当たりやすいのです!

ネットなどでは、とても頭のいい方が数学的に難しい計算式をして確率をだしてくれています。

凡人の私にはその計算式は理解出来ませんが、理解が出来るみなさまからは賞賛の声が上がっております。

ここでは答えだけにさせて頂きますと、

1等のみ、前後賞のみを狙うのであればバラの方が2.5倍当たりやすいようです。

連番で宝くじを10枚購入すると組も全て同じなので、はずれると1等も前後賞も全て外れます。

バラで宝くじを10枚購入すると組も10パターンになり、1等と前後賞が別で狙えるのでその分当選確率は上がるという事ですね。

スポンサードリンク

年末ジャンボ宝くじの買い方にコツはある?

色々なコツというか…もはや都市伝説的なものがたくさんありますよね。

・交通事故がよく起こる交差点にある売り場は当たりやすい
・発売初日に買う
・トイレ掃除をすると良い
・買った宝くじを神棚で保管する
・チャンスセンターなど大きい売り場が良い

冷静に考えて、そんなことで当選確率が上がる訳ありませんよね~^^;

全ては運です!

年末ジャンボ宝くじの縦バラとは?

最近よく聞く宝くじの買い方に縦バラというものがあります。

バラで宝くじを購入した場合は1等と前後賞が同時に当たることはありません。

しかし、 縦バラで購入すると1等と前後賞を狙う事が出来るんです!

同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買う事で、全て組と番号が連番になる買い方です。

縦バラはバラでも前後賞を狙う為に3セット以上の購入がオススメです。

例えば縦バラを3セット購入すると

☆1セット目:12組 109705、21組 118334、86組 125201・・・
☆2セット目:12組 109706、21組 118335、86組 125202・・・
☆3セット目:12組 109707、21組 118336、86組 125203・・・

となります。

1セット目だけ見るとバラバラですが、縦に見ると連番になってますよね。

ちょっと複雑な買い方なので大きな売り場でしか購入出来ませんのでご注意ください。

バラのメリットで1等と前後賞の両方も狙えるのでオススメの買い方です。

まとめ

年末ジャンボ宝くじで1等が当たる確率は1000万分の1です。

そう考えるとバラも連番も確率はかなり低いですね…

ただ、買わなきゃ絶対に当たりません!!!

どの宝くじにも、当選する人が必ずいますからね。

そんなこんなで、私も毎年 を買ってますよ♪

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑