インフルエンザの予防接種を受けるか受けないか?家族全員が受ける?

公開日: 

インフルエンザの予防接種には賛否両論あるけど、実際どうなんでしょう?

うちは5人家族なので、全員受けると数万円…家族全員受けないとダメかな?

メリットの方が大きければ受けるつもりなんだけど…とお母さんは悩みが尽きないですよね。

この記事がお役に立てると嬉しいです。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を受けるか受けないか?

1976年には3歳以上、小学生、中学生は毎年インフルエンザの予防接種を学校で受けていました。

私も子供の頃はインフルエンザの予防接種を集団で受けていた記憶があります。

しかし、1994年に予防接種法が改正になり任意接種となりました。

なぜ集団でインフルエンザの予防接種を受けることがなくなったのでしょうか?

私が小学生の頃にも、集団でインフルエンザの予防接種を受けましたが学級閉鎖になったこともありました。

結果として、集団で予防接種を受けてもインフルエンザ流行を止める事はできないと言うことになりこのように変更になったと言われています。

じゃぁ、インフルエンザの予防接種は受けなくてもいいんだ!

と思われるかもしれませんが、決してそんな事はありません。

インフルエンザは、現在でも高齢者を中心に毎年3,000人ほどの死者を出す恐ろしい病気です。

乳幼児の場合では脳炎や脳症、それによって後遺症が残る場合もあります。

色々な薬が開発されていますが、最も有効とされているのが予防接種だと言われています。

そもそもインフルエンザの予防接種が減少しているのは世界的に見ても日本だけなのです。

世界的にはインフルエンザの予防接種率は上昇しています。

ニュースなどで、インフルエンザの副作用が取り上げられることもあり、それもインフルエンザの予防接種が減少している1つの要因担てますね。

しかしインフルエンザの副作用は予防接種の中では少なく100万接種当たり0・35言われています

インフルエンザウイルスは毎年微妙に形を変えており、予防接種をしたからといってかからないとは限りません!

特にB型は予防接種の効果が薄いと言われています。

それでも受ける理由は重症化を防ぐことなんです!

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は家族全員が受けるべき?

インフルエンザの予防接種は家族全員が受けるべきかと言われれば、考え方によると思います。

現在のインフルエンザ予防接種の考え方は個々を守るという意味での予防接種になります。

学校や保育園などに行き集団生活をしている人、喘息など基礎疾患のある人は受けた方がいいです。

ただしインフルエンザの予防接種には鶏の卵を使用しているため、卵アレルギーの方は予防接種ができません。

接種年齢は、生後6カ月ごろからと言うのが一般的です。

なぜなら生後6カ月ごろまではお母さんからの免疫が残っておりインフルエンザにはかかりにくくなっています。

それ以後は全く免疫がなくなってしまいますので、その時期にインフルエンザにかかると乳幼児は重症化する恐れがあります。

脳炎や脳症は5歳以下の子様が全体の82%を占めています。

そのうちの30%もの人が死亡しています。

そして、その全員がインフルエンザの予防接種を受けていませんでした。

しかし予防接種には脳炎の予防効果があると言う事ははっきりとは言われていません。

また乳幼児期の予防接種は効果が非常に弱く、1年も経てば全く効果がなくなると言われています。

毎年流行するタイプが違うので、乳幼児期のお子さんは毎年受けるべきだと思います。

これらの考え方から集団生活に入るお子さんがいる場合には自分の子供だけでもインフルエンザにかからないようにインフルエンザの予防接種を受けるべきだと思います。

大人は、子供からインフルエンザをもらう場合もありますが、会社や通勤通学の電車の中でインフルエンザをもらってしまう場合もかなりあります。

しかし大人の場合は重篤化することが少ないので予算と相談して決めればいいと思います。

金銭に余裕があるのであれば大人もインフルエンザの予防接種を受けておいた方が良いでしょう。

予防接種を受けないなら、インフルエンザ予防の有効策としてウィルスを通さないマスクがありますよ。

インフルエンザの予防接種はいつが効果的?

インフルエンザは毎年12月に感染数が上がり、1月にピークを迎えます。

12月にはインフルエンザの抗体を上げておきたいので、インフルエンザの接種時期は10月初旬~中旬。

お子様の場合はその1か月後にもう1度接種を行うようにします。

基本的には9月の中旬ごろからインフルエンザ予防接種予約が開始しています。

かかりつけの病院などに確認してみて下さいね。

まとめ

インフルエンザの予防接種は受けても100%感染を防げるものではありません。

よく「予防接種を受けたのに去年はインフルエンザにかかってしまった。だから今年は受けない」
という話を聞きますが、予防接種を受けてもかかる時はかかるんですよ。

というか、そもそも感染を防ぐことを目的としているわけではなく、重症化を防ぐことが目的なんでね。

家族全員は金銭的に厳しい…という場合はお子さんだけでも受けるとイイと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑