会社の忘年会に参加したくない!上手く断る理由と途中で帰る方法も!

公開日: 

会社の忘年会に出席したくない社員さん、分かりますよ~

年に一度の忘年会くらい我慢して参加すればいい話ですが、行きたくない人間にとって忘年会参加は苦痛でしかないのです。

なんとか欠席する方法はないものか?

後々の人間関係のことも考えて、なるべく角が立たない理由をご紹介します☆

スポンサードリンク

会社の忘年会に参加したくない

会社の体質にもよると思いますが無理やりお酒を飲まされたり、やりたくもない芸をやらされたり、尊敬も出来ない上司にお酒を注がされたり…

1番苦手なのが長々と続く説教…

相手は酔っぱらってるから言いたい放題!

そんな忘年会なんか行きたくない!

そもそも会社の忘年会なんて喜んで参加してる人なんているんだろうか?

マイナビニュースが20代の社会人400人にアンケートをとったところ…

出来れば参加したくないと感じている人は実に62.6%!

多くの方が面倒だと感じているのです。

しかし「忘年会には行きません!」

とはとても言いにくい雰囲気がありますよね。

行かなければ「あいつは付き合いが悪い!」

とか言われたりします。

親睦を深めるという名のパワハラには付き合いきれませんよね!

忘年会を上手に断る理由

イチ社会人として会社の忘年会に参加しなければならないのも分かります。

だからこそ波風が立たない断り方をしないと会社での肩身が狭くなってしまいます。

ポイントは2つあります。

・その日はどうしても外せない用事がある事を伝える。
・本当は行きたかったけど…と行けない事を残念だと伝える。

例えば…

「忘年会の日にちが決まるずーっと前からセミナーの予定が入っていて、すでにお金も払ってある。」

「地方に行った友達が久しぶりに帰って来て、食事の予定がずっと前から入っている。」

など外せない用事がある事をアピールしましょう。

仮病を使ったり、親戚に不幸があったなど、後から嘘がバレたら困る言い訳は控えた方が良いと思います。

バレたら嘘つきとなり業務上支障が出ます。

相手を不快にさせない断り方ってとっても難しいのです。

「次回は必ず参加します」という一言は付け加えておきましょうね^^

スポンサードリンク

忘年会に一応行って途中で帰る方法

これは私がよく使う手です。

どうしても断れる雰囲気じゃない場合はとりあえず忘年会に行ってみます。

そして、皆さんに挨拶をして私は来てますよ~

と存在をアピールします。

なんとなく楽しかったり、居てもいいかな?と思ったらそのまま残ればいいですよね^^

やっぱり帰りたいって時は言いやすい同僚に

「ちょっと気分が悪くなってきたので先に帰る」と伝えて、そっと帰ります。

同僚には、誰かに聞かれたら「体調不良で先に帰りました」と伝えてもらうようにお願いしておくとイイと思います。

これで「そう言えばあいつどこいった?」

となっても大丈夫!

何も聞かれなけれそれはそれで過ぎます。

さいごに

忘年会は絶対に参加しなくてはならない!何て事はありません

ただ、行く前はイヤだな~

と思っていても、参加してみたら普段と違う上司との会話や意外な人間性が垣間見えて思っていたより楽しかったなんてこともあるかもしれません。

上司と仲良くなるチャンスでもあるので、たまには参加してみるのもありですよ☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑