戦力外通告と自由契約の違いは?誰が決めるの?何年不振だと行われる?

公開日: 

プロ野球で日本シリーズが終わり、秋口のなると出てくる言葉に自由契約、任意引退、戦力外通告などがあります。

なにがどう違うのか分かりにくいですよね。

全部同じじゃないの?

でも、微妙に意味合いが違ったりするんですよ。

スポンサードリンク

戦力外通告と自由契約の違いは?

各球団のホームページなんかでも10月頃になるとお知らせされたりします。

「球団名 来季の契約」

で検索してみると…

選手名が出て、来季の契約を結ばない事を通告しました。

と出てきます。

これは、その選手が球団から戦力外通告を受けた事になります。

つまり解雇されたということです。

その後、自由契約選手として公示されます。

限界を感じた選手は引退、現役続行を希望する選手は他球団と契約出来るようになります。

来年はあなたと契約しませんよと通告するのが「戦力外通告」

戦力外通告を受けてから、俺はまだ現役でやりたい!となれば「自由契約選手」

※自由契約選手となると、欲しい球団があればオファーがきたり、トライアウトを経て他の球団と契約する事になります。

野球は諦めます。となれば「任意引退」となります。

※任意引退となると、プロとアマチュアを含む全球団と契約が出来なくなります。

ですのでアマチュアで指導者となったりする場合は自由契約選手となります。

例えば、大物選手が引退の意向を球団に伝えたとします。

球団は必死で慰留しますが本人の意思が硬く結果引退となりました。

しかし、この選手を自由契約にしてしまったらこの選手は他球団と自由に契約出来てしまいます。

それを防ぐ為に球団が保有権を持つ任意引退として扱われます。

この選手が何年かしてアマチュアの指導者になりたい場合は球団に自由契約選手にしてもらう必要があります。

戦力外通告は誰が決めるの?

球団は企業です。

いわゆる、フロントと呼ばれる人事を司る場所が決めます。

フロントには編成部という部署があり、編成会議で選手は球団の査定ポイントを年棒に換算されます。

その際にポイントもなく換算できなかった選手は現場の意見を聞きながら編成部長が戦力外を決めるようです。

しかし、中日ドラゴンズの落合ゼネラルマネージャーのようにゼネラルマネージャーが人事に強い権限を持つ場合もあります。

なんと!落合ゼネラルマネージャーは年棒の査定も担当して選手との年棒の交渉も行っていました。

よって戦力外通告は誰が決めるかは球団によって違うとようですね。

スポンサードリンク

戦力外通告は何年不振だと行われる?

絶対にこう!という年数の目安はありません。

ドラフトでの上位指名の選手は結果がでなくても割と長く面倒を見てもらえるイメージがありますが、入団3年目で自由契約選手になったドラフト上位指名選手もいました。

平均すると、高卒なら5年~6年、大卒なら3年~4年くらいでプロとしての資質を感じられなければ第二の人生の為にもキリをつける時と言われています。

真面目にやっていれば球団スタッフとして残れたりする場合もあります。

その際は任意引退選手として扱われます。

まとめ

プロ野球選手という華やかな世界にも「クビ」という厳しい現実があり何だか切ないですね。

戦力外通告とは、選手として球団をクビになること。

自由契約とは、戦力外通告を受けた後に他の球団と自由に契約できること。

任意引退とは、プロ野球選手をやめること。他の球団とは選手として契約できない。

こんな感じです☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑