会社の忘年会でのカラオケの選曲♪おすすめの曲はコレ!歌いたくない時の対応も!

公開日: 

会社の忘年会の後は決まってカラオケに行くのが恒例となっていて、断りにくくて参加する事ありますよね~

歌うことが苦手…

そもそも歌手でもない自分の歌なんて聞きたいの?
でも「私はいいです」なんて言ったらノリ悪いな!
なんて思われるし、何より自分のせいで場がシラケるのも...

そんな人でも歌いやすい曲を私の独断でご紹介します♪

スポンサードリンク

会社の忘年会でのカラオケの選曲

会社の忘年会の選曲ついてですが、当然社員の方々の年齢層も幅広く誰かに合わすというのは難しいと思います。

それよりも、こういう曲は忘年会では避けた方がいい!と言うのはこんな感じです。

・マニアック過ぎる曲

マニアックなアニメソング、誰も知らない曲

自分はこんな曲知ってるんだぜ~!
いい曲だからみんなに知ってほしい!
と思うコトもあるかも知れませんがそれは友だちや彼女とカラオケに行くときに歌ってくださいね。
引かれることの方が多いと思われます。
周りは盛り上がれません、あくまで会社の忘年会なので周りの事を考えてマニアックな曲はやめましょう。

・ラブソング過ぎるラブソング

異性の社員の方々がいる前で求愛ソングは引かれます...
なんの照れもなくコテコテのラブソングを熱唱出来るな~、誰かに告白かよ
なんて思われたりしますよ^^;
重たく暗いラブソングは忘年会では避けた方がいいです。

・全く自分の音程とあってない曲

キーがめちゃ高いのにスローテンポな曲って音痴なのがハッキリ分かっちゃいます。
無理して高音なバラードを目を閉じながら熱唱してると周りは「し~ん」としちゃいますよね。
また先輩の前で機械でキーを下げたりしてると、最初からもう少し低音な歌を歌えよ!って思われたりするかも。

・長すぎる曲

忘年会のカラオケで9分52秒ある「トイレの神様」を歌ったら絶対ダメですよね。
大袈裟な例ですけど長い曲は避けるべきです。

忘年会なので自分の好きだけで考えずに、みんなが楽しめるのはどの曲だろうと考えることがポイントです!

忘年会のカラオケでおすすめの曲

音域が広くなくて、歌いやすくて、盛り上がれて、メジャーな曲を選ぶと良いでしょう。

【男性】
嵐のA・RA・SHI
ウルフルズのガッツだぜ!!
奥田民生のイージュー★ライダー
SMAPの世界にひとつだけの花
山下智久の抱いてセニョリータ
斉藤和義の歩いて帰ろう
福山雅治のHELLO

【女性】
aikoの桜の時
天野春子(小泉今日子)の潮騒のメモリー
AKB48の会いたかった
大塚愛のさくらんぼ
PUFFYのアジアの純真
絢香のJewelry day
中島みゆきの地上の星
倖田來未の愛のうた

などが音域が広過ぎず歌いやすい曲です。

良かったら参考にしてみて下さいね^^

スポンサードリンク

会社の忘年会でカラオケを歌いたくない

わたしも実はカラオケは大の苦手です。

素人の自分の歌なんて誰が聞きたいんだろう?なんて思っちゃいます。

そこで私が忘年会でカラオケを歌わずに済ましてきた方法をお知らせしますね~

1・給仕に徹する

「飲み物大丈夫ですか~、あっ私注文してきますよ」

フリードリンクバーのあるカラオケボックスなら
「飲み物わたしが入れてきますよ~」
と、給仕に徹します。

2・笑顔で手拍子、タンバリン

もう、みなさんの歌を聴いてるだけでわたしは楽しいんです~
という感じを分かりやすくアピールする。
「イエーイ」などの合いの手も入れるとGOOD!

3・必ずいる酔っ払いの介抱をする

そこまでして歌いたくないのか!

と思われるかもしれませんが「いいやつ」という上司からのポイントアップも得られる上に歌わなくてもいいのです!

まとめ

「場の空気を盛り上げる」「歌いやすい」「歌詞が簡単」「誰でも知ってる」
などの条件を満たした曲を選ぶとみんなで盛り上がれますよね。

まあ、会社の忘年会は色んな人がいるので、中にはカラオケ大好き!いっぱい歌いたい~

って人も必ずいます^^

そういう人に「○○さん歌ってくださいよ~」と言うと喜んで歌ってくれますよ☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑