レストランでワインのテイスティングをする意味は?誰がするもの?

公開日: 

普段行き慣れないイタリア料理を食べに行って、ワインでも飲もうか?的なノリでワインを頼んじゃいますよね。

ワインリストから自分の財布に合ったワインを頼むとソムリエの方や店員さんが

「テイスティングよろしいですか?」

と声を掛けてきます。

意味もよく分からずグラスにワインを注がれて、注がれたもんだから飲んでみて、「大丈夫です」とか「これでいいです」とか答えちゃういますよね。

ところで、テイスティングってなに?
と思い立ち調べてみました!

スポンサードリンク

レストランでワインのテイスティングをする意味

なぜ、テイスティングを依頼してくるのか?

1番の理由は、 ワインが痛んでないかのチェック です。

滅多にありませんがワインが腐っていたり、コルクが原因で異臭がする場合があります。

基本的に開栓はお客さんの目の前で行いますよね。

その為にレストラン側も事前にチェックが出来ないんです。

そこで、お客さんに風味を確認してもらう、ようするに儀式の様なものです。

あくまで痛んでないかのチェックで、好みの味かの確認ではありませんのでテイスティングをして

「この味好きじゃない!」

と思っても交換して貰える訳じゃありませんからね~~

もちろん異常があった場合には新しいワインに替えてもらえますよ。

スポンサードリンク

ワインのテイスティングは誰がするの?

ソムリエの方や店員さんがワインのテイスティングを依頼するのはたいていの場合はホストの方です。

いわゆる、この人がお金を払うであろう人ですね。

カップルならば男性の方に依頼することが多いです。

では女子会で女性4人の場合はどうなるでしょう?

4人全員がテイスティングできる訳ではありません。

代表の方一人がするのが良いでしょう。

どのシチュエーションでもそうですが、微妙な異常に気付く自信がない場合はソムリエの方にお願いしてテイスティングしてもらうこともできますよ。

ワインのテイスティングの仕方

ワインのテイスティングは味見ではありません。

コルクの屑が浮かんでないか?

ワインが痛んでないか?

の確認です。

色と、香りと、味わいをスマートに確認します。

テレビドラマみたいにグラスをグルグル回したりするのはちょっと恥ずかしい行為ですのでやめておいた方がいいです(笑)

テイスティングはあくまで儀式なので難しく考えずに気楽に行いましょう^^

さいごに

私なんて「テイスティングよろしいですか?」と聞かれた時に「テイスティングはしなくていいです」

と答えたことがあります・・・

でも、テイスティングは勧められたら行うのがマナーですので、知らないよりは知っていた方がスマートですよ~

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑