大和芋で手がかゆい!かゆい手を治すには?かゆくならない方法も!

公開日: 

大和芋などの山芋をすりおろす時、手がかゆくなって嫌な思いをしたことありませんか?

手で握る部分だけ皮を残してすりおろす方法もありますが、最後まで使うためには持っていた部分の皮をむいて素手で触らないといけませんよね。

そんな大和芋を手がかゆくならずにすりおろす方法をご紹介します^^

スポンサードリンク

大和芋で手がかゆい!

かゆみの原因はあくや苦みの成分である シュウ酸カルシウムです。

このシュウ酸カルシウムは針のようにトゲトゲしていて、それが皮膚に刺さって刺激しかゆみを引き起こすんですね!

かゆみの原因はアレルギーだと思っている人もいますが、アレルギーの人じゃなくてもシュウ酸カルシウムが手につけばかゆくなります。

手はかゆくなるけど食べても何ともない人はアレルギーではないので安心してくださいね^^

シュウ酸カルシウムは酸に弱いので、食べても胃酸で分解されてお腹の中がかゆくなることはないんですよ。

ただし、山芋類はアレルギーを引き起こす可能性のある食品なので、触っていない部分がかゆくなったり、体に発疹が出るなどの異常があった場合はアレルギーかもしれないので病院に行ってくださいね。

スポンサードリンク

大和芋でかゆい手を治すには

シュウ酸カルシウムは酸に弱いです。

なので、 お酢やレモンで手を洗えばかゆみは治まります。

簡単にさっと洗うだけではかゆみが取れないと思いますので、擦りこむように念入りに洗ってみて下さいね。

これは食べている時に口の周りについてしまった時にも有効です。

予防として、皮をむいてすりおろす前の大和芋を酢水につけて置くとかゆみは出にくくなります。

酢水につけておくことで変色も遅らせることが出来るので一石二鳥ですね。

大和芋でかゆくならない方法!

私がいつもやっている方法ですが、角切りにした大和芋を フードプロセッサーにかけてとろろにしてしまいます。

※とろろがおろせるフードプロセッサーじゃないと壊れる可能性があります。

ただ、おろし金でおろすよりもサラサラして粘り気は少ないです。

これはお好みですが、私はこの後すり鉢を出してきてすります。

こうすると粘りが出てきておろしたのと食感は変わらなくなるんですよ。

この方法だと大和芋にはほとんど触らないので、手がかゆくなる心配もありません^^

もうひとつ、時間に余裕があるなら大和芋を 冷凍してからすりおろす方法もあります。

冷凍庫で1日凍らせてから普通にすりおろすだけです。

不思議とかゆくならないですし、味も食感も変わらないんですよ~!

すりおろした直後はシャーベットみたいですが、1時間ほどすれば溶けて普通に食べられます。

「今日、今から食べたい!」って言う時以外はこの方法が有効ですね。

さいごに

素手で触らないようにビニールやゴムの手袋をする人もいますが、大和芋はヌルヌルしていて滑りやすくケガをする恐れがあります。

手袋をする場合は軍手を使うのが滑りにくくて安全ですよ。

少しでも参考になれば嬉しいです☆

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑