ホットヨーグルトの作り方と便秘解消のコツ☆効果的な食べ方も!

公開日: 

ヨーグルト

「ホットヨーグルトが便秘解消に良いみたいだよ~」

と言う話を聞いて、長いこと便秘症の私は早速試してみました☆

簡単な作り方、便秘に効果的な食べ方もご紹介してます。

スポンサードリンク

ホットヨーグルトの作り方と便秘解消のコツ

まずは、簡単な作り方をご紹介しますね^^

作ると言ってもヨーグルトを電子レンジで温めるだけです。

①ヨーグルト120gを耐熱容器に入れます。

②500wで40~50秒温めます。

これだけです!

簡単ですよね^^

でも、ひとつだけ注意することがあります。

注意

乳酸菌は熱に弱く、 60℃以上 になると死んでしまうそうです。

最初は途中で温度を確認しながら温めすぎないように気をつけて下さいね。

ところで、なぜ温かい方が良いのでしょうか?

・お腹が冷えないので冷え性の人にも食べやすい。
・カルシウムの吸収がUPする。
・寒い冬でも続けやすい。

温めることでこんなメリットがあります。

出来上がったホットヨーグルトは酸味があって、あんまり美味しくないです…

ここで、食べやすくするために甘みを足すのですが、私の おすすめはオリゴ糖です。

オリゴ糖は腸の中で乳酸菌を増やしてくれる働きがあるので便秘解消には

乳酸菌+オリゴ糖が相性抜群なんですよ♪

ホットヨーグルトにおすすめヨーグルト

ホットヨーグルトにおすすめのヨーグルトは お砂糖が入っていないプレーンヨーグルトです。

メーカーはどこのものでもいいので、お好みのヨーグルトを選んで下さいね。

ただし、人には体質に合う乳酸菌と合わない乳酸菌があるので、1週間続けても効果がなければ違う種類のヨーグルトに替えてみた方がいいかもしれません。

また、乳酸菌は酸に弱く生きたまま腸に届くのはほんのわずかと言われています。

最近はスーパーなどで 「生きたまま腸に届く」と書いてあるヨーグルトを見かけます。

当然すべての乳酸菌が生きたまま腸に届くわけではないですが、普通のヨーグルトより高い効果が期待できますよね!


スポンサードリンク

ホットヨーグルトの効果的な食べ方

ホットヨーグルトを食べるタイミングですが、便秘解消には朝食に食べるのが効果的です。

ただし、 乳酸菌は酸に弱いので空腹時に食べると胃酸で乳酸菌が死滅してしまいます。

朝食後にトイレに行く習慣をつけるためにも ホットヨーグルトは朝食後に食べる のがおすすめです。

こちらにヨーグルトの効果的な食べ方が詳しく書かれていますので参考にしてみて下さい。

ヨーグルトの効果的な食べ方に関する研究

さいごに

ホットヨーグルトを習慣的に食べると腸内環境が整い便秘が解消して、結果ダイエットにも繋がるそうです♪

作り方も簡単なので、毎日でも続けらそうですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑