かかとのガサガサの原因は?ケアの方法ともしも治らない時は?

公開日: 

夏になってサンダルを履こうとしたら、かかとがガサガサ…

これではせっかくのオシャレも台無しです(>_<) でも、キチンとケアすればツルツルかかとも夢じゃないですよ。

スポンサードリンク

かかとのガサガサの原因は?

まず、かかとのガサガサの1番の原因は乾燥です。

お肌には皮脂腺があり、皮脂腺から出る皮脂によって作られる皮脂膜でお肌の水分は保たれています。

ところが足の裏には皮脂腺がないんです!

さらに、体の末端にある足裏は水分が行き届かない事もあり、乾燥しやすい場所なんですね。

そしてガサガサのもうひとつの原因は角質層です。

体の全体重を支えている足裏には相当な負担がかかり続けています。

人間の本能で、体を守ろうとして足裏を強くしてしまうから角質層ができ、かかとが固くなります。

かかとガサガサのケア方法

では、自分ですぐにできる簡単なケアの方法をご紹介します。

①余分な角質をとる

週に1回程度でいいので、お風呂上がりにしっかり水分を拭き取ってから軽石で優しく擦って角質を削ります。

削りすぎるとお肌を傷めてしまう上に、逆に角質が厚くなってしまう可能性もあるので注意してくださいね。

また、入浴中など足が濡れている時には角質を削ってはいけません!

削りすぎてしまい、お肌を傷めてしまうので絶対にNGです。

②保湿とマッサージ

余分な角質を削ったらクリームなどで保湿しましょう。

お好みのクリームでOKです。

たっぷりつけたら手で全体をマッサージしてあげると血行が良くなって冷えも改善されますよ。

③靴下で保護する

空気に触れていると乾燥が進みますので、靴下を履いて過ごしましょう。

お風呂上がりにすぐに布団に入る場合は履かなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

かかとのガサガサが治らない時は?

ちゃんとケアしてるのに症状が改善しない時はかかとの水虫の可能性があります。

白癬菌という菌が原因で起きる水虫は痒みがほとんどなく、足裏がガサガサして角質が厚くなってくるので自分では気が付きにくいみたいですね。

ケアしても改善しない時や、かかと以外にも皮むけがあったら一度病院を受診することをおすすめします。

さいごに

ガサガサのケアはそんなに難しいものではありませんので、すぐに実行してもらえます。

でも、水虫は感染症です!

放っておくと家族に移ってしまう可能性もあるのでもしかして?と思ったら早めに病院に行ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑