お通夜の服装はスーツでもいい?これはNG!参列する時の持ち物は?

公開日: 

仕事中に突然の通夜の知らせ。

会社帰りに駆けつけたいけど、スーツで参列してもいいのかな?

そんなお通夜の服装について調べてみました。

スポンサードリンク

お通夜の服装はスーツでも大丈夫?

葬儀、告別式に参列する場合は喪服を着用するのがマナーですが、 お通夜の場合は逆に喪服だとその日の為に前々から準備してあったようで失礼にあたります。

お通夜は「急いで駆け付けた」と言うものなので派手な普段着でなければ大丈夫です。

よって、

お通夜は仕事帰りのスーツで参列しても全く問題ありません。

家に帰る時間がなければ、せめてネクタイと靴下だけは黒のものを買ったほうがいいでしょう。

どちらも駅の売店やコンビニでも売っていますよ。

ただ、最近は亡くなった当日に通夜を行う人は少なく、亡くなってから1~2日後に通夜ということが増えてきました。

そのため「急いで駆け付けた」と言うのはつじつまが合わず、通夜に喪服で参列する人が増えてきました。

また、通夜に喪服で参列するのは失礼と言うマナーを知っていたとしても、周りがみんな喪服だから自分だけ平服だと浮いてしまう…

という理由から、家で喪服に着替える時間があるのなら喪服で参列するのが自然かもしれませんね。

お通夜の服装これはNG!

遺族の気持ちを察して参列者は控えめに振る舞うのがマナーです。

・殺生を連想してしまう毛皮のコートやマフラーの着用はNG。
皮の靴やバッグも避けましょう。

・結婚指環以外のアクセサリーは外しておきましょう。
ただし、一連のパールのネックレスはOKですが二連のものは不幸が重なるという意味がありNGです。
パールのネックレスがなければ無理して何かをつける必要はありません。

・真夏の場合でも上着を脱ぐのはNGだと思われがちですが熱中症で倒れられても困るので上着は脱いでも構いません。
ただし、肌の露出はなるべく避けるべきなので半袖はNGです。
 
・ハンカチは黒か白のみで、色や柄のついたものはNGです。

・喪章を参列者がつけるのはNGです。
喪章は親族や葬儀関係者の方がつけるものです。

・靴やバッグなどは光沢のあるものはNGです。

・時計をつけるのもNGです。

・派手な化粧は避けましょう。
ただしノーメイクもNGですので薄化粧を心がけましょう

・ミニスカートはNGです。
ひざ下5センチ以上のスカートを選びます。

補足ですが携帯の着信音などにも気を付けてくださいね、マナーモードにしておきましょう!

スポンサードリンク

お通夜に参列する時の持ち物は?

・香典は必ず用意しましょう

香典は線香やお花の代わりにご霊前に供えるものです。
最近は香典返しが大変と言う理由から香典を辞退する場合があります。
事前の知らせがない時はご遺族に確認するわけにもいきませんので、一応用意して行きましょう。

・仏式葬儀で、自分も仏教徒であるならば数珠を持参して下さい

二連の長いものや一連の短いものがありますがどちらでも大丈夫です。
キリスト教式であれば必要ありません。

さいごに

急いで駆け付ける通夜の席でも、身だしなみやマナーは気をつけたいところです。

わからない事は親や年配の人に聞いて、参列した時に恥をかかないようにしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑