香典を渡すのは通夜それとも葬儀?金額は?ふくさは必要?

公開日: 

通夜や葬儀に参列することになった時に香典のマナーは最低限気をつけたいところです。

通夜と葬儀の両方に参列する場合、いつ香典を渡すのか?

金額の目安は?ふくさは必要?など、香典のマナーをご紹介します。

スポンサードリンク

香典はいつ渡す?通夜それとも葬儀?

香典は通夜でも、葬儀・告別式でも自分が出向くときに持参するものです。

本来は 通夜は故人を守る儀式、葬儀・告別式は故人とのお別れの儀式なので一般の人は葬儀・告別式に参列するものですが、忙しい現代人は亡くなった方との関係にかかわらず、通夜か葬儀のどちらか参列することが多くなっています。

最近は通夜も葬儀も両方に参列する場合は、 通夜で香典を出すのが一般的になっていますね。

その場合、葬儀の時は記帳だけで大丈夫です。

2回香典を渡すことはありません。

通夜に参列しなくて、葬儀から参列する場合には葬儀のときに香典を持っていけばいいですよ。

通夜または葬儀で渡す香典の金額は?

香典を渡す際の金額ですが特に決まりはありません。

決まってはいませんが、香典を包んだ金額は送った側に不幸があった際に、送られた側が香典を渡す時の目安となります。

あまり大きな金額を包むと後に相手側の負担になるかも知れませんので相場を目安に包むようにしましょう。

香典の金額の相場
・親・義理の両親  50,000~100,000円
・祖父母      10,000~30,000円
・兄弟の場合    30,000~50,000円
・叔父・叔母    10,000~20,000円
・その他の親戚   5,000~10,000円
・勤務先関係    5,000~10,000円
・友人・知人    5,000円
・ご近所関係    5,000円

ご自身の年齢や、付き合いの深さが大きく関係してきますのであくまで目安として参考にして下さい。

また、取引先の重役の方や社葬などの場合は個人で金額を決める事は少なく会社で取り決める事がほとんどです。

スポンサードリンク

*お札を香典袋に入れる際に気をつける事

・お札の向きを揃え中袋の表側にお札の表が来るように、また肖像画が上向きになるように入れましょう。

・新札は香典を事前に用意していたようで相応しくないとされています。
かといって汚れたお札も失礼にあたりますので新札に折り目をつけて入れるのがよいでしょう。

香典を包むふくさは必要?

香典はふくさに包んで持っていくべきです。

ふくさは風呂敷と同じで、中の物が汚れないようにするものです。
香典が汚れないように必ずふくさに包んで行きましょう。

ふくさの色は弔事用は紺やグレーや紫の寒色系のものを使います。

ふくさの包み方~お悔やみ事の時~

1・ふくさをひし形に広げ、ふくさの中央に香典袋を表向きに置きます。
2・最初はふくさの右側から包みます。
3・次に下側→上側→左側の順で包み左端を裏側に回します。

香典を渡す時はふくさの上に香典を乗せて渡します。

最近は香典袋をそのままいれられる便利なブックタイプのふくさも売ってますよ。

さいごに

お葬式は突然のことなので、マナーなど知らないと慌ててしまいまよね。

でも、最低限のマナーを知っていれば心静かに故人を見送ることが出来ますよ。

お葬式のマナーは地域差もあるので、わからない事は周りの人に聞いて臨機応変に対応してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑